※クリックすると画像が拡大します

見え方が違う、かけ心地が違う。 だから「フィッティング」は欠かせません。

フィッティングは、メガネづくりのなかでも機械任せにできない工程です。
お客様の「見え方」「掛け心地」といった「快適さ」を左右しますので
1か所ずつ確認しながらの手作業になります。

  1. きちんと見えること

    ①テンプル(耳に掛けるパーツ)の先端部分を曲げて、
    耳の後ろのカーブに合わせます。深く曲げすぎると耳の後ろの
    痛みの原因になり、浅すぎるとメガネのズレ落ちの原因となります。

    耳の高さに左右差がある場合、メガネが水平にならず、右上がりになったり右下がりになったりします。テンプルの角度を変えて修正します。

    テンプルの付け根が開いても、ズレ落ちの原因となります。片方のみの開きなら、左右のレンズと眼との距離差が発生し、見え具合に影響があります。

  2. メガネがズレないこと

    ②鼻パッド(鼻あて)を調整することで、メガネの位置を
    修正することができます。鼻パッドの間隔を広げるとメガネは
    下がり、狭めると上がります。
    ズレ落ちで困っている方は、広がりすぎている場合がほとんどです。

  3. 顔にしっかり合っていること

    ③前傾角(レンズ面の傾き)が眼に対して適当かどうかをチェックします。
    レンズ面が立ちすぎていたり傾きすぎたりすると、
    適正な度数のレンズであっても、歪んで見えたり
    頭痛が起こったりする場合があります。

    フィッティングの善し悪しは、掛け心地や見え具合の改善悪化につながります。
    何らかの違和感がある場合は、フレームの歪みを疑ってみてください。

  4. フレームの選び方が重要

    フレームの選び方が重要

    フレームによっては完全なフィッティングが行えないこともあります。
    一例ですが、鼻パッドがフレームと一体となっているプラスチックフレームの場合調整が行えないため、ズレ落ちや鼻の痛みを起こす方もいらっしゃいます。

    当店では、フィッティングの観点からもフレーム選びをアドバイスさせていただきます。

  5. 購入時と購入後の「フィッティング」

    購入時と購入後の「フィッティング」

    「フィッティング」に最適な3つのタイミングがあります。

    1. ご購入時にレンズが入っていないフレームだけの状態でのプレ・フィッティング。
    2. お渡し時にレンズが入った状態で行う、フィッティング。
    3. その後1~2週間で実際にメガネを使用して感じた違和感などを改善するフィッティング。
  6. 目安は半年に1回程度。

    メンテナンスも大切です。しかし、頻繁に行う必要はありません。
    日々のご使用での型崩れを直します。それから、超音波洗浄によるクリーニングを行います。
    フレームとレンズの間にたまった汚れがひどい時には、フレームからレンズを外してきれいにします。

    近くにお越しの際は、ぜひ当店にもお立ち寄りください。

    くわしくはこちら

耳にピッタリのメガネをご希望の方に、新しいこと始めました。
テンプルにシリコンチューブ加工を施します。
ズレ落ちに悩んでおられた方々に大好評 !!

メガネでお悩みの方、お困りの方にはまず、カウンセリングと視力測定を行い、 ご希望の「見え方」に合わせて最適なご提案をしております。お気軽にお立ちよりくださいね。

  • お電話はこちら 0742-22-4310(代表)10~18時

    ※お客様がいらっしゃる場合はすぐ出られない事もございます。
    ご了承いただけますよう、お願い致します。

  • メールでのお問い合わせはこちら

    ※お問い合わせ内容によっては返信までお時間を頂く事もございます。
    ご了承いただけますよう、お願い致します。

page top